ゼオスキンはやめたほうがいいという噂の真相は?利用時のポイントも

 

ゼオスキンの製品は強い成分を含むため、個々の肌質に合わない場合、予想以上に皮むけが激しくなる、もしくは反対に皮むけがほとんどないケースがあります。

 

また、使用中に肌に刺激を与えること、例えばスクラブやピーリングといった肌への刺激が強いスキンケア製品を同時に使用すると、肌が過敏反応を示す場合があるので注意が必要です。

 

医師の指示に従って使用しなかったり、正規のルートで購入しなかったりすると、こうした失敗につながり、結果的に「やめたほうがいい」と思ってしまうことにもつながります。

 

当記事では、ゼオスキンを使って失敗しないための対処法を中心に解説します。

 

1.ゼオスキンはやめたほうがいい?

 

 

 

ゼオスキンは、専門の医療機関でしか取り扱いがない高品質なドクターズコスメであり、その効果は多くのユーザーに評価されています。

 

しかし、ゼオスキンの製品を使用して問題が生じるケースもゼロではなく、その主な原因はいくつかあります。


【例】
・肌質に合わない製品やコースを選んでいた
・皮むけしなかった・想像以上に皮むけした
・使用中に刺激を与えてしまった
・休薬期間を気にせず使い続けた
・顔以外の部分に使用した


ゼオスキンを利用する際には、医師のカウンセリングを受け、自身の肌状態に適した製品選びと使用方法を理解し、定期的に医師に経過を見てもらうことが重要です。

 


そのためゼオスキンは、安全かつ正しく使用していれば、過度に「やめたほうがいいのでは?」「危ないのでは?」と心配する必要はありません。正しく指導を受けながら進めることで、トラブルのリスクを最小限に抑えられます。

 

2.ゼオスキンを使って失敗しないための対処法

 

 

 

ゼオスキンの製品を安全かつ効果的に使用するには、いくつかのポイントを理解しておく必要があります。

 

ゼオスキンを使って理想的な肌状態を目指し、かつよくある失敗を避けるためにも、ぜひ以下の内容を参考にしてください。

 

 

2-1.肌質に合わせて製品選びをする

 

 

ゼオスキンの製品ラインは多岐にわたり、その中でも特に「セラピューティックプログラム」が有名です。

 

しかし、肌質や現在の肌状態によっては、そのほかのコースのほうが適している場合もあります。

 

例えば、敏感肌や乾燥肌の方には、副反応が穏やかな基本コースやマイルドコース、高濃度レチノールコースなどが適している可能性があります。

 

そのため、ゼオスキン製品を使用するなら、まずは専門のクリニックでカウンセリングを受けて、医師の指示に従って最も適した製品やコースを選びましょう。

 

もし使用している製品で皮むけや赤みなどの副反応が気になる場合は、再度クリニックを訪れて相談することが重要です。肌の状態に合わせて、より穏やかな製品に変更するといった対応も可能です。

 

 

2-2.皮むけの有無で効果を判断しない

 

 

多くの場合、ゼオスキン製品にはビタミンAが配合されており、このビタミンAが皮膚のターンオーバーに作用して皮むけが発生することがあります。

 

この皮むけは、肌が新しく再生する過程での正常な反応であり、必ずしも肌トラブルを意味するわけではありません。

 

ただ、ゼオスキンの製品を使用する際に、皮むけが起こるかどうかを効果の判断基準にするのは適切ではありません。

 

肌質や使用する製品の種類によっては、皮むけが起きないケースもあります。皮むけがない場合でも、製品は肌に作用している可能性が高いです。

 

そのため、皮むけの有無に固執せず、肌全体の健康や状態の観察が大切です。
製品の使用にあたっては、皮むけがある場合でもない場合でも、肌の状態を定期的に医師に相談し、適切な使用量や使用頻度に調整してもらうことが推奨されます。
 

 

2-3. 使用中は刺激を与えないようにする

 

 

ゼオスキンを使用している間は、肌が普段よりも敏感な状態になることが多く、特に副反応として皮むけや赤み、かゆみが生じやすくなります。

 

このような敏感な時期に、肌にさらなる刺激を与えると、炎症が悪化するだけでなく、色素沈着を引き起こす可能性が高まります。したがって、ゼオスキン使用中は、肌を刺激する行為は避けるべきです。

 

加えて、紫外線は肌の炎症を悪化させる原因となり得るため、日焼け止めを使用するのも非常に重要です。日焼け止めを毎日使用し、外出時には帽子やサングラスで肌を保護することを心がけましょう。

 

 

2-4.休薬期間を守って使用する

 

 

ゼオスキンのミラミンやミラミックスには、ハイドロキノンが配合されています。

 

ハイドロキノンは効果的な美白成分ですが、強力な作用により肌への負担も大きく、長期連続使用することで肌に耐性ができる可能性があります。

 

また、長期間の使用は皮膚の反応を変えてしまうリスクも伴うため注意が必要です。

 

上記の点から、ゼオスキンのハイドロキノンを含む製品の連続使用は、5か月を超えないことが推奨されています。

 

使用後は、肌の状態を正常に戻して耐性の問題を避けるために、2~3か月の休薬期間を設けるとよいでしょう。

 

休薬期間は、肌が休息を取り、次の使用期間に向けて回復するのに必要な時間です。

  

2-5.皮膚が薄い部位には慎重に使う  

 

 

首やまぶた、口まわりなどは敏感な部位のため、ゼオスキンを使用する際は注意しなければなりません。

 

特に、ゼオスキンのトレチノインやアクティブビタミンAシリーズは、皮むけや赤みが起きやすく慎重に使用する必要があります。

 

アクティブビタミンAシリーズとしては、ARナイトリペア、Wテクスチャーリペア、スキンブライセラム0.25、スキンブライセラム0.5などが挙げられます。

もし使用中に皮むけや赤みが発生した場合は、その部位への塗布を一時停止し、肌の状態が落ち着くまで待つことが大切です。

 

イベント前や大切な仕事の日など、特定の予定がある場合は、予定の1週間前からこれらの製品の使用を中止し、通常のスキンケアに戻せば肌の状態を安定させられるでしょう。

 

3.ゼオスキンを利用するときのチェックポイント

 

 

最後に、ゼオスキンを利用するときのチェックポイントを3点解説します。

 

ゼオスキンを不安なく利用するためにも購入前にしっかりと確認し、不明点や懸念事項はカウンセリング時に聞くようにしましょう。

 

 

3-1.副反応についての理解を深めておく

 

 

ゼオスキン製品、特にビタミンAを豊富に含むものは肌に強く作用し、結果として乾燥、赤み、皮むけ、ニキビの増加、さらにはアレルギー反応などの副反応が現れるケースがあります。

 

 

これらの反応は製品の有効成分によるものであり、一時的なものである場合が多いです。しかしながら、人によっては副反応に不快感を覚え、製品の使用をやめたいと思う原因になることもあるでしょう。


また、副反応の程度や持続期間には個人差があるため、各プログラムをはじめた最初の数日間から数週間にわたって、副反応が強く出る場合があります。通常、使用を続けることで副反応は徐々に軽減し、肌の状態が整っていきます。

 

ただし、不安や不快な症状が強い場合は、速やかに医師に相談しましょう。

 

 

3-2.購入前にクリニックのカウンセリングを受ける

 

 

ゼオスキンは、医療機関専売品なのでクリニックでの対面、もしくはオンラインカウンセリングが必要です。

医師は患者の肌の状態を評価し、最も適したゼオスキン製品やコースを提案してくれます。

 

これにより、自分の肌に合った製品選びが可能となり、使用中のリスクを最小限に抑えることが可能です。

 

 

3-3.フリマアプリや海外サイトは使用しない

 

 

フリマアプリや海外サイトでの購入は避けるようにしましょう。

 

これらのプラットフォームでは、正規品ではない偽物が販売されているリスクがあり、安全性が保証されていません。

 

正規の医療機関から購入することで、製品の安全性と効果を保証され、万が一の問題が発生した場合には適切なサポートを受けられます。

フリマアプリや海外サイトで安く販売されているとしても、自身の安全のためにも必ず正規のルート(クリニック)で購入するようにしましょう。

 


ゼオスキンの商品一覧はこちら

 

 

まとめ

 

 

「ゼオスキンはやめたほうがいい」と言われるケースもありますが、基本的に医師の指示に従って正しく使用していれば、過度に不安に感じることはありません。

また、ゼオスキンは必ず正規ルートで購入するようにしてください。フリマアプリや一部の海外サイトでは、偽物の製品が販売されているリスクが高いです。

 

偽物は、原材料が不明であり、製品の安全性や有効性が保証されていません。肌に重大な損傷を与えるリスクもあるので、必ず医師のカウンセリングを受けた上で正規のルートで購入しましょう。

 

 

▼購入はX公式オンラインストアから!

オンラインストアはこちら

← 過去の記事 次の記事 →