ゼオスキンとエンビロンは何が違う?自分に合うアイテムの選び方

ゼオスキンとエンビロン選ぶ方

 

ゼオスキンとエンビロンは、どちらもビタミンAを主成分としたスキンケアブランドです。

 


一方で、ゼオスキンは「攻めのスキンケア」、エンビロンは「守りのスキンケア」と呼ばれることもあり、特徴がそれぞれ異なります。

 

具体的には、ゼオスキンが「スピーディーさと強力な効果」が特徴であるのに対し、エンビロンは「肌にやさしく、段階的なアプローチ」が特徴です。



当記事では、ゼオスキンとエンビロンの違いや、治療方法・コンセプトの特徴、どちらを選ぶべきか迷った際の考え方について、分かりやすく紹介します。

 

1.ゼオスキンとエンビロンの共通点は「ビタミンAコスメ」

 

ゼオスキンとエンビロン 

ゼオスキンとエンビロンは、どちらもビタミンAコスメとして知られています。ビタミンAコスメとは、ビタミンAの一種であるレチノールやその誘導体を配合した化粧品のことです。

 

ビタミンAは、肌のターンオーバーをケアし、さまざまな肌悩みにアプローチする成分として注目されています。

 

【ビタミンAの肌への効果】
・ビタミンAは、肌の真皮層に働きかけてコラーゲンやエラスチンの生成を促進し、シワを改善・予防する効果が期待できます。

 

・コラーゲンやエラスチンの生成促進により、肌のハリ・弾力をアップさせることが期待でき、若々しい印象の肌へと導きます。

 

・ビタミンAは、皮脂分泌を抑制し、毛穴の詰まりを改善する効果が期待できます。

 

・皮脂分泌の抑制と抗炎症作用により、ニキビの発生を抑えやすくなったり、ニキビ跡の改善を促したりすることが期待できます。

 

・ターンオーバーをケアすることにより、メラニン色素の排出を促し、シミやくすみにアプローチできます。

 

ゼオスキンの皮むけ期間はいつまで?注意点やひどい場合の対処法

 

 

1-1.ゼオスキンやエンビロンを使うと肌荒れする?

  

ゼオスキンやエンビロン肌荒れ

 

ゼオスキンやエンビロンのようなスキンケア製品に含まれる有効成分のうち、特にビタミンA(レチノールやトレチノイン)が原因で、一時的に肌荒れを経験することがあります。

 

これは「A反応」として知られ、新陳代謝が促進されることによって引き起こされる一連の反応です。使用初期には、肌が成分に慣れていないため、赤み、乾燥、皮膚のむけなどの症状が現れることがあります。

しかし、赤みや皮むけなどの症状は通常、使用を続けることで次第に減少し、肌の調子が改善されるにつれて落ち着いていきます。

 

つまり、ゼオスキンやエンビロンの使用による初期の肌荒れは、肌が製品の成分に適応するためであり、多くの場合、時間が経つにつれて改善されます。

したがって、A反応が出たからといって、必ずしも悪い兆候ではありません。むしろ、肌が再生している1つの証拠とも言えるでしょう。

 

2.ゼオスキンとエンビロンの違い

 

ゼオスキンとエンビロンの違い

 

ゼオスキンとエンビロンは、どちらもスキンケアにおいてビタミンAを中心とした製品を提供していますが、治療方法やコンセプトには違いがあります。そのため、効果の表れ方も若干異なります。

 


以下では、ゼオスキンとエンビロンの違いについて紹介します。

 

2-1.治療方法・コンセプト

 

ゼオスキンエンビロン治療方法

 

ゼオスキンはスピーディーな効果実感を得やすい代わりにA反応が起きやすく、エンビロンは副反応を抑えながらゆっくりと肌が改善することを目指す点が主な違いです。

<ゼオスキン>
ゼオスキンは、皮膚科医であるゼイン・オバジによって開発され、肌の新陳代謝を効果的に活性化することを目的としています。

 

ゼイン・オバジは、ゼオスキンヘルス社の創設者兼メディカルディレクターとして知られ、35年以上にわたり健康的な肌を目指すための先進的なスキンケアソリューションを提供し続けています。

ゼオスキンはビタミンAの中でも、高濃度のレチノールをを含む製品が多く、肌を若々しくさせることや肌の健康に、強くアプローチすることが特徴です。

 

ゼオスキンは、比較的短期間で顕著な効果を得ることができるとされているため、速効性を求める方におすすめです(※効果の感じ方には個人差があります)。一方で、初期には強いA反応(皮膚の赤みや皮むけなど)を経験する可能性が高いです。

 

ゼオスキンの特徴

 

<エンビロン>
エンビロンは、南アフリカの著名な形成外科医であるデス・フェルナンデスによって開発されました。デス・フェルナンデスの専門知識と革新的なアプローチは、国際的にも高く評価されており、デス・フェルナンデスは多くの国際医学会で講演を行っています。

 

エンビロンはビタミンAを主成分としていますが、ビタミンAの濃度を徐々に高めていく「ステップアップシステム」を採用しており、肌が徐々に成分に適応していくことを目指しています。

そのため、副作用を最小限に抑えつつ、長期的な目線で肌の健康を向上させることが可能です。エンビロンは日常的な使用に適しており、肌のタイプや悩みに応じて徐々に効果を高めることが期待できるため、初めてビタミンAコスメを使用する方におすすめです。

 

2-2. ビタミンA誘導体の効果

 

ゼオスキンとエンビロンのビタミンA誘導体

 

ゼオスキンとエンビロンのビタミンA誘導体には、異なる特性と効果があります。



<ゼオスキン>
ゼオスキンは、高濃度のレチノールやゼオスキンとは別のビタミンA外用薬のトレチノインを使用したプログラムがあります。トレチノインはビタミンAの最も強力な形態とも言われ、皮膚の細胞の入れ替わりをケアし、大きな抗老化効果をもたらします。

 

一方で、副作用として肌の赤みや皮膚がむけるリスクが高いです。



<エンビロン>
エンビロンは、パルミチン酸レチノールや酢酸レチノールなどのマイルドなビタミンA誘導体を使用しています。これらの成分は肌にやさしく、副作用のリスクが低いため、肌が徐々にビタミンAに慣れることを可能にします。

 

パルミチン酸レチノールは特に安定性が高く、日常的な使用に適しており、紫外線防御の効果も期待されています。

 

3.ゼオスキンとエンビロンのどっちを選ぶかのポイント

 

ゼオスキンとエンビロン選ぶポイント

 

ゼオスキンとエンビロンのどちらを選ぶべきか、悩まれる方は少なくありません。そこで、まずは【即効性・使用経験の有無・理想の肌印象】という3つの観点から選ぶことをおすすめします。

 

3-1.スキンケアの即効性を求めるか

 

ゼオスキンとエンビロン_スキンケア

 

ゼオスキンは、高濃度のレチノールを利用しており、短期間での顕著な改善を目指します。そのため、即効性を重視する場合はゼオスキンが適しているでしょう。

 

エンビロンは、ビタミンAの濃度を段階的に上げるステップアップシステムを採用しているため、効果をゆっくりと感じられます。肌へのやさしさを重視しながら、長期的なケアを行っていきたい場合に適しています。

 

 

3-2. ビタミンA配合化粧品の使用経験はあるか

 

ゼオスキンとエンビロン使用

 

ビタミンAを用いたスキンケアに慣れている場合、ゼオスキンの製品は、より強力な効果を得やすいため、高い満足感を感じる人が多いです。

 

一方で、ビタミンA配合の化粧品を初めて使用する場合や、敏感肌の方は、エンビロンがおすすめです。肌への負担が少なく、自分のペースで長期的なケアが行えます。

 

エンビロンは、段階的にビタミンA濃度を上げていくプログラムであるため、肌になるべく負担をかけずにビタミンAに慣れることができます。

 

 

3-3. 肌の印象をどのように変えたいか

 

ゼオスキン_エンビロン_肌の印象

 

ゼオスキンは、肌のターンオーバーをしっかりケアするため、肌質そのものを根本的に改善したい場合におすすめです。シミやくすみにアプローチしたり、ニキビができにくい肌にしたり、毛穴を目立たなくしたりといった効果が期待できます。


一方で、エンビロンは、肌荒れや敏感肌を持つ方に最適で、肌の根本的な健康を向上させながら、自然で健康的な肌を目指せます。肌荒れをなるべく抑えつつ、ゆっくりと効果を実感したい方におすすめです。

  

 

まとめ

 エンビロンの効果

 

ゼオスキンとエンビロンは、どちらもビタミンAをメインとした高品質なスキンケア製品ですが、アプローチと期待できる効果には違いがあります。ゼオスキンは高濃度のレチノールやトレチノインを使用し、短期間で大きな改善効果を目指す製品です。

 

一方で、エンビロンは肌にやさしい、ビタミンAのステップアップシステムを採用しており、肌を徐々に慣らしながら長期的に美しい肌を目指すことができます。

 

▼購入はX公式オンラインストアから!

オンラインストアはこちら

← 過去の記事 次の記事 →